--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rome後編

2012年01月09日 23:53

あぁ、、、
けっこう差し迫って詰めておかないといけない事があるのですが、
そういう時に限って海外ドラマのDVD見てしまったりする。
自分で自分を追いつめるこのスリル感・・・。ヤバイヨヤバイヨー(出川)

そんなこんなで、Romeをしばらくぶりに観ました。
やっと後半に行ったところですが、、見出すと止まらない!!
架空のキャラクターである隊長とプッロを、要所要所、歴史の重要な場面にうまいこと絡ませるよね。
隊長もプッロもお互い凄すぎる困難にぶちあたってますが、 二人の友情が泣かされます。
プッロ優しいなぁ・・・。

そして、もう一人気になるキャラクター
・・・ブルートゥス。
というか、この人の声を吹き替えてる人が本当にブラボーです。
常に言葉の端々にトゲを含ませる、あのクセのある喋り方に引きつけられて仕方ないっ!
特に10話の、家で母親と話してるシーン、凄かった。(なぜか笑いが止まらなかった私)
その表情豊かな吹き替えも手伝ってか、このドラマのブルートゥスは、横柄なくせにナイーブで、理想を求めるまっすぐさがあるものの周りの期待に押しつぶされがちで、明らかに自滅するタイプなのですがどこかほっとけない魅力があるんですよね。。。

それにしても、この時代のローマの政治家達は無償で働いてたんですよね。名誉のためにとか言って。今の感覚で見ると、お金ももらわず面倒な政を引き受けるなんて、エラいなあと思ってしまいます。(逆に政と無縁の貴族は一体毎日何をしているんだろう。。。)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gangnachcanossa.blog107.fc2.com/tb.php/99-8d25dc09
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。