--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTV Unplugged/ Alice in Chains

2011年10月23日 17:40

Mad season聴いてたら、無性にAliceのMTVアンプラグドが聴きたくなって、底なし沼のように
またAlice in Chainsブームが到来。

AICの中でBestはどのアルバムか?
という永遠のテーマをよく通勤中に考え込んでる私なのですが(・・・)、
Faceliftの不完全さ故の輝きも捨てがたく、
セルフタイトルの3rdも暗く冷たいグルーブが非常にハマるし、
勿論Dirtは言わずもがなだし、
う~んと頭を抱えた結果、「その時の気分だよネ…(でもやっぱりDIRTか?)」という
ありきたりな結論にひとまず落ち着きます。

しかし、映像含むということになったらMTVアンプラグドを1番にしてもいいや。(上から目線)


Mtv Unplugged (W/Dvd)Mtv Unplugged (W/Dvd)
(2007/09/18)
Alice in Chains

商品詳細を見る

1. Nutshell
2. Brother
3. No Excuses
4. Sludge Factory
5. Down In a Hole
6. Angry Chair
7. Rooster
8. Got Me Wrong
9. Heaven Beside You
10. Would?
11. Frogs
12. Over Now
13. Killer Is Me


アコースティックだから落ち着いて聴けて、
家にホームシアターがあったら存分に浸りたいDVD付き。
曲はアンプラグド用にアレンジされてるんだろうけど、だからといって全く違うサウンドになっているわけでもなく、AICの世界はそのまま。今までもアコースティックの曲も演奏してきた奴らだからか、違和感なく聴ける。

それにしても映像だと、どうしてもLayneばかりに目が行ってしまう。
この時の彼には既に死相のようなものが感じられるのだけど、
1曲目のNutshellで観客の声援の中登場し歌いだしたその瞬間にいつも胸が熱くなるよ。

そして何と言ってもBrother!!
スタジオバージョンはJerryがメインでバックボーカルはHeartのアン姉さんだったので、
ここで初めてJerryとLayneのハモリで聴けるのだ。
この曲はJerryが兄弟が離ればなれにならざるをえなかった子供時代のことを書いた歌だそうなんですが、
MTVアンプラグドを聴いてると、Layneのドラッグ問題などで思うようにいかなかった当時のAICの事情と重ねあわさずにはいられない。感情移入しすぎ…ですかね。

You were always so far away
I know that pain so don't you run away
Like you used to do

You were always so far away
I know that pain and I won't run away
Like I used to do

バックボーカルなんだけどLayneの声がやや前に出てきてて、グッと来ます。
やっぱりLayneの声がいいなぁ。(スマン、Jerry)

個人的には、Dirtの曲よりも3rdの曲がもっと入ってていいのにと思う。
Layneが腹の底から声出せてないから、3rdの曲の方が合ってる気がするんだ。
Shame in youとか、God amとか、アンプラグド映えしそうな気がするのだがな~。
しかしFrogsみたいな真っ暗闇な曲を後半のハイライトに持ってきたのはさすがです…。
聴きながら、何て救いのない歌だろうかと思う。好きだけど。

そしてこのDVDと言えば!


歌詞間違えちゃった。
頭を抱えるLayneがちょっとかわいい。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gangnachcanossa.blog107.fc2.com/tb.php/88-7eb6a470
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。