--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き方は星空が教えてくれる

2011年06月30日 00:04

読書づいてる今日この頃。
単なる暇つぶしでなく、もっともっと色んなこと自分の中で感じたい。

闇の子供たち (幻冬舎文庫)闇の子供たち (幻冬舎文庫)
(2004/04)
梁 石日

商品詳細を見る


恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。 (角川文庫)恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。 (角川文庫)
(2009/02/25)
角田 光代

商品詳細を見る


特に良かったと思った本。↓
生き方は星空が教えてくれる生き方は星空が教えてくれる
(2003/04)
木内 鶴彦

商品詳細を見る

10代の時に読んでいたかったかも。(勿論、今でも読めて良かったですが)
私は保守的なうえ臆病者なので、本の内容をそっくりそのまま受け入れるのは慎重になるけど、
読んだ後、とても前向きになってる自分がいた。特に最後の一行に何とも言えない力強さを感じた。
(思わず「サンキュウ!」と言いたくなったよ)
他にも、私が時々ぼんやり思いを馳せてたSFめいた考えと、まるっきり同じ事を作者が本の中で言っていて
ちょっと驚きつつ嬉しくなってしまった。その考えは不埒だよなと常々感じていたんだけど、別の角度で見ると、人生を楽しく感じさせるスパイスなのかもしれないね、うむ。
地球の環境についても、シンプルな発想から現実化しようとしているいくつかの大きなプロジェクトに触れていて、大変興味深かった。

自分は少なからず環境問題に関わる業界で仕事をしているのですが、毎日毎日惰性の仕事っぷり…。
これじゃあいかんね!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gangnachcanossa.blog107.fc2.com/tb.php/74-c4f60139
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。