--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンクーバー女子フィギア

2010年02月25日 01:05

今日(昨日)のお昼休みは、日本中でため息の嵐だったのではなかろうか!?

真央ちゃ~ん
目立ったミスなかったけど、慎重に行き過ぎたのかな?
とかなんとかエラそうなこと言いながら、未だにジャンプ種類の見分けつかない私です。
キムヨナすごかったな。。。超ノリノリだったし。
でも、今日のロシェットさんの演技を見てると、メダルの色とか順位とか、
どうでもよくなってくるなぁ。。。
アスリートって、最終的には精神力とか心の強さなのかもなぁ。
結果はどうあれ、完全燃焼できたら見てる人は心を打たれるね。

ところで、
スケートを見ていて、使われてる曲が好きだと、プログラム自体も釣られて好きになってしまったりします。
よく憶えてるのは、、、

・いつかの、ヤグディンSP bond"winter"
・いつかのスルツカヤのエキシビジョン "cotton eye joe"
・5年くらい前の、ジェフリーバトル君の、グレングールド特集みたいなやつ
・5年くらい前のカナダ人スケーターの、太鼓っぽい音楽

↑最後のほう適当すぎました。

今回のオリンピックでは、ジョニーウィアー君のSPの"I love you, I hate you"(だっけ?)が素敵だな~と思いました。今度ちゃんと調べてみようっと。


フィギアは断然クラシックの曲が多いですが、
誰かフランクのヴァイオリンソナタとか使わないかな。
けっこうスケートに合いそうなんだが。



4楽章の、このフッと湧いてきたような導入が奇跡的に美しい
きっと、天使が空から落っことしたメロディーが、
偶然作曲家の頭上に落ちちゃったんだろうな~
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gangnachcanossa.blog107.fc2.com/tb.php/7-c3ad7b16
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。