--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Everyday Robots/ Someday World

2014年05月10日 23:28

もぎたて2作。

エヴリデイ・ロボッツエヴリデイ・ロボッツ
(2014/04/30)
デーモン・アルバーン

商品詳細を見る


1月のBlurライブでにわかにデイモンファンになってからずっと楽しみにしてたソロアルバム☆
事前に大半の曲は聞いてて「良いかも」と思っていたけど、
一個のアルバムとしてまとめて聴くと更に良い感じ。
全体的にリズムが鼓動っぽくて何か落ち着くというか、
デイモンがインタビューでとても内省的な作品になったと語っていたけど、
旅の移動中なんかにもよさそうなアルバムだなぁ。

収録曲は粒揃いなのですが、特に気になった曲。
◆Lonely Press Play
PV含めて一番お気に入り。ストリングスメインのver.も披露してたけどそっちもほっこりしてて良かった。
◆You & Me
何かこれ、モリッシーっぽくないか・・・?
後ろで鳴ってる段々下がっていく音までもモリッシーっぽい。
ついでにBlurのDeath of a Partyって曲もモリッシーっぽいなーとずっと思ってた。
(でも、モリッシーとデイモンって全然繋がりがなさそう。)
◆Heavy Seas of love
Enoが歌うheal the world的な入りにまずニッコリして、
サビで取って代わるDamonが、何だか少年みたい声でさらに頬が緩むよ。
アルバム自体はだいぶトーン抑えめな印象でしたが、この曲がラストでちょっと明るくなる。

今回プロモの段階でけっこうチェックしてたのですが、インタビューとか動画とか見ていて、
デイモンって素敵な人だなーと改めて感じた次第。
何というか、言ってる事とかメディアに対する対応が(100%良い意味で)大人だよね。
しっかり大人であり、チャーミング。尊敬する。


Someday World [輸入盤CD] (WARPCD249)Someday World [輸入盤CD] (WARPCD249)
(2014/05/03)
ENO • HYDE、イーノ ・ ハイド 他

商品詳細を見る


Brian Enoと、UNDERWORLDのKarl Hydeの共作。
Damonのアルバムも良かったけど、あんまり期待せずに聴いたこちらはそれ以上に気に入ったよ!
別段新しい音という感じはしないけど、聴きやすくてポップで気持ち良い。生音多いのもいい。
Enoもがっつり歌っていて、考えてみればけっこういいお年だけど声が凄く出てます。
そういえばdamonのインタビューの中で、「ENOは毎週歌のグループに参加してる」という情報を読んだけど、
その賜物なのかしらん。。。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gangnachcanossa.blog107.fc2.com/tb.php/218-c3105cbb
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。