--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Gloaming

2014年03月21日 18:09

そういえばDoveman(=Thomas Bartlett)の近況はどうなってるのかしらんと思って調べたところ、
なんとIrish musicのグループに参加、プロデュース、そして今年早々アルバムリリースしてた。ビックリ。
しかもFiddleがMartin Hayes。



ここ数日間こればかり聴いてるんですが、だいぶ好みなかんじです。
グループ名の通り、美しく心揺さぶられる世界。

そんなにirish musicに詳しくないのですが、
一時期fiddleが気になって有名どころのFiddlerをちょいちょい聴いてた時があり、
その頃MartinさんのこのCD↓気に入ってよく聴いてました。

Live in SeattleLive in Seattle
(1999/09/23)
Martin Hayes

商品詳細を見る


ということで、Martin Hayes(とギターのDennis Cahill)もメンバーと知って俄然期待が高まるものの、
でもなんか、Thomasがトラディショナルが好きなのはわかるとして、
あのMartinさん達が年若でしかも若干畑違いのThomasと一緒にやろうと思ったのが、
ちょっと意外な感じもしつつ・・・

しかし結果は大成功だったね。
伝統をベースにしつつ単調さを感じさせる事のない芳醇な味わいで、
懐かしくも清々しい感動のある良いアルバムだったよ・・・。
歌詞は何言ってるかさっぱり分からないですが、暖かく伸びやかなIaria O'Lionáirdの歌声も美しい。


Martinさん、アツい


アルバム1曲目の"Song 44"。


Bandcamp
でLive音源のフリーダウンロードもあり。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gangnachcanossa.blog107.fc2.com/tb.php/210-6cc79f6b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。