--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千年の愉楽/リトルミスサンシャイン

2013年03月28日 22:50

千年の愉楽

去年、三島由起夫の映画の舞台挨拶で若松監督の姿を拝見しました。
まさか亡くなるなんて、、、


内容的に消化不良な部分もありましたが、
今ちょうど縄文時代のプリミティブな死生観に関する本を読んでいて、
その本と結構通ずるものがあり、色々考えてしまいました。

今、人間は自然をコントロールして生きることで文化的な生活を手にしているわけだけど、
人生を通して計画的に生きることってほぼ不可能ですよね。
(ここでの自然というのは、外界の自然でもあるし、
自分の中の自然(野性や欲望)という意味でもある)
コントロールできない局面で顔を出す生身の自分と対峙するのって、
自分にとってはある意味恐怖。

自然は克服するものじゃなくて、共生していくものだとは思っているのですが、
そうはいっても人生思う通りに行かないことばかりなわけで、、、
中々ゴールに辿り着けないテーマです。

何か話しが飛躍してしまいましたが、
俳優陣では、高良健吾がインパクトありました。
これまでそんなにいいと思ってなかったんだけど、
というか、ちゃんと見たの蛇にピアスくらいなんですが、
この映画での彼の眼差しには女性なら悩殺されます。



リトル・ミス・サンシャイン [DVD]リトル・ミス・サンシャイン [DVD]
(2012/09/05)
アビゲイル・ブレスリン、グレッグ・キニア 他

商品詳細を見る

これ、めちゃいい話、、、
もっと早く見ればよかった。
息子役のポール・ダノさんが超ユニークで気になる。
そういえば、ルビースパークスを見ようと思いながら上映が終わってしまい見損ねたんだけど、
このポールさんが主演だったんだね!やっぱ見とけばよかったー。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gangnachcanossa.blog107.fc2.com/tb.php/169-1ad82837
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。