--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噴水のまわりで・・・

2014年10月25日 03:09

モリッシー、がんだったのですね。
最初ニュースを目にしたときはショックでしたが、
それに対するモリッシーのコメントが、アイロニックで毅然としていて、やっぱモリッシーはモリッシーだった。
なんだか、ああ、事態を先回りして必要以上に悲しんだりするのは意味ないかもね・・・って思った次第です。
大切なのは今、だよね。
(といいつつ未だモリッシーの新作聴いてない。近いうちに聴こう。)


そんなわけで最近またThe SmithsMorrissey関連をよく聴いていて、
Music Unlimitedで素敵なカバーを発見しました♪

Doug Martsch - Reel around a Fountain

Doug(インディロックバンド、Built to Spillのリーダー)、
本来この曲の持ってる妖しい美しさを見事に消しさっている(笑)
・・・いや、大幅に曲調を変えているわけではないのだが、
Dougの第一声が乗った瞬間に
私には森の愉快な仲間達的な牧歌的でメルヘンな情景が浮かんでしまったヨ。。。(蝶々も飛んでる)

youtubeのコメント見ると何だか不評っぽいですが、
個人的にはこの幸福感というか安堵感がかなり好き。(そもそもBuilt to Spillが好きだしね)


そして思い出した・・・。もうひとつ、この曲の衝撃カバーを。


Scott Weiland - Reel Around The Fountain


だいぶ前のエントリーでそのヤバさを綴ったのですが、
今見てもやっぱキツい。(歌以外のパフォーマンスとかも・・・)
しかし何故かクセになってその後DLしてヘビロテしてしまった事実よ。
実際アレンジはなかなか素敵なのに、、、ただScottの声が致命的に合ってないだけで。
でも歌は別にして、このScottのルックスはかっこいいと思います。
STPの時代のScottの声も大好きです、(必死のフォロー)


The Smiths - Reel Around a Fountain

やっぱり圧倒的なオリジナル。
Mozの前髪になってフワフワ揺れたい。





スポンサーサイト

ベッテルよぅ・・・

2014年10月05日 01:27

日本GPなのですが、、、
予選結果よりも、ベッテルRB離脱というBIGNEWSに派生する色んな事柄に気が散って仕方ありません。

金曜日にベッテルがホーナーさんに辞意を伝え、
RBもすぐさま土曜に発表しちゃうって、なにこの迅速さ・・・!!
ベッテルとRB、冷えきってたんだなーと思いました。

正式発表されてないけど、ベッテルの行き先は多分フェラーリなのだよね。

⇒つまりフェラーリはアロンソを失う
⇒そしてアロンソがマクラーレン入りする可能性高まる
⇒マクラーレンの現ドライバー、どっちかが追い出されることになる
⇒今ケヴィンに変なプレッシャーかけないでほしい。


フェラーリもな〜〜。
ベッテル&ライコネンのコンビで本当にいいのかい。不安すぎる。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。