--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GrassrootsのLayneの曲

2012年06月25日 13:13

LAYNE STALEY SONGS IN ‘GRASSROOTS’ FILM REVEALED

ちょっと期待しすぎたかー。

Grassrootsに提供されたLayne Staleyの未発表曲は以下2曲でした
  • Things You Do /?コーラスとして参加
  • It’s Coming After /Second Coming featuring Layne Staley (1994)

Second comingの曲は聴いた事あったし、
Things you doは初めて聴いたけど、あまり好きなタイプの曲じゃなかった。
コーラスだけの参加だしな~。


何か物足りないので、カバーを貼る。

Sweet Leaf - Black Sabbath
Hunted Down - Soundgarden
Living After Midnight - Judas Priest

スポンサーサイト

Yeeeeeees!!!

2012年06月25日 12:35

スペインGP決勝、最高でした
http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/280461/

まあ、後半1/3から見始めたのですが。
いやー、誰があの表彰台を予想できたか?
アロンソはやっぱり現在最高のドライバーだと思った。
昔世良公則が「速いってことは、、、美しいですよねー」と言ってたけど、
アロンソの場合、速いというより「強い」と感じる。かっこいい。雄々しい。眉毛も雄々しい。
ハミルトンはいつもアンラッキーが重なり不憫だなーと思うんだけど、
(でもいい加減、ピットクルー徹底的に再教育しなよ…)
運も実力のうちという言葉をF1を見てるとつくづく実感する。

シューマッハーの復帰後初の表彰台も嬉しかったです。
シューマッハー、過去のあのダーティーなまでの勝利への執着ぶりが影を潜めて
すっかり丸くなったよな~ってどこか物足りなげな気持ちもあったんだけど、
何かもう、それはそれでいいのかなと。
ファンとしては、楽しそうに走ってる今のシューマッハーもアリかなと思えてきました。

なんつってホンワカしてたら、、、
シューマッハ イエローフラッグ無視の疑いで審議対象に

Layne Staley 未発表曲とな?

2012年06月18日 12:30

なにっ?

アリス・イン・チェインズの故レイン・ステイリー、未発表曲が新作映画に使われることに

なんとーーー!!
そんなものが今までどこに眠ってたっ!!

しかし、公開時期が迫ってる映画だというのに、曲名も録音時期も公表されてないって、
大した音源ではないのかもしれないという懸念が・・・。
レイン個人の曲ってことは、だいぶ後期の録音かもしれないね。

とかなんとかいって、絶頂期のあのねっとりコブシの効いたレインの歌声だったら驚喜。
もしくは、Heartの姉さん達と歌ったRing them bellsみたいな力強い歌声だったら泣きます。

詳細は映画公開後にはっきりするのかな~。楽しみです。


あと、関連で気になった記事。↓
ストーン・サワーの新作は、ピンク・フロイド meets アリス・イン・チェインズ !?

the wall meets Dirtってアータ。
「うまく行ったら最高傑作になる」とありますが、いや・・・、
うまくいったら間違いなく歴史的名盤になるよ。うまくいったら。
期待!

世界最古の洞窟壁画

2012年06月17日 01:45

ちょいと自分的にタイムリーなニュース。

スペインの洞窟壁画、世界最古か?

4万8000年前のモノかもしれないと。すごいねえ。。。

なぜこのニュースが個人的にタイムリーかというと、
この前「世界最古の洞窟壁画」という映画を見に行きまして、
そこから先史時代へのロマンがメラメラ燃えさかり、自分の中で小さなブームが到来中。
もともと歴史は好きですが、どっちかというと西洋史といわれるものが好物で、
先史時代は何となく(科学的な問題とか出てきそうなイメージがあり…)苦手でした。
なのに、古代生命関連の本読んだり、恐竜図鑑を図書館で眺めたり、
良く分かんない恐竜のアプリDLしちゃったり、大昔の地球に想いを馳せる今日この頃。


映画『映画『世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶』公式サイト

冒頭のニュースが確かなら、この映画の邦題「世界最古の壁画」は、違ってくるわけだね。
(※映画で紹介されているショーヴェ洞窟は3万2000年前のものと言われている)
3万年でも4万年前でも、どちらにせよ現在からして見れば気の遠くなるような時の隔たりがあるわけで、
この2~3000年の間に劇的に発展した人類の歴史は、本当にごく短い間の出来ごとなんだなあと思う。
もしかして4万年の間には、人類が興隆して滅びて・・・っていうことが既に一回起きてるんじゃないのか?
な~んて思えてきたり。

ヘルツォーク監督の映画を見に行ったのは、「神に選ばれし無敵の男」以来で、
(当時ティム・ロスに夢中だったな。私。)
巨匠がドキュメンタリーを3Dで撮るという試み自体気になりますし、
その題材が非公開の遺跡ということで、もう興味深々だったんですが、
うっかり3Dの公開時期を逃し、、、
結局平面で観た。
そしたら自分でもビックリしたんですが、

不覚にも所々、寝てしまった・・・。

いや、途中まで普通に面白く観ていたんだが・・・。
ハッと気づいたら場面が飛んでて、、、そんなことが何回かあり、、、。

付き合いで観た映画で寝たことはありますが、自分が観たくて観に行った映画で
眠ってしまうなんて初めてだよ
解説的な場面が続くと意識が飛ぶ体質なので、不可抗力ということで…。

しかし、そんな風に時々寝ながらも、しっかりと旧石器時代への興味は植え付けられましたよ!
サウンドトラックまでアマゾンで購入。

Cave of Forgotten DreamsCave of Forgotten Dreams
(2011/10/11)
Ernst Reijseger

商品詳細を見る



もうちょっと小指が長ければなあ・・・

2012年06月14日 19:31

ウクレレが似合う季節が近づいてきましたー。
いくらたっても上達しない私ですが、ジャカジャカ自己満で弾くだけでも楽しいので良しとする。

♪Char meets Jake Shimabukuro

見てるこっちまでニコニコしちゃうんですが。
セッションが楽しくて仕方ない、みたいな二人の笑顔。


♪Liar - Mumford and sons (ukulele cover)

うぅ、、すごく好きな曲なんですが、このウクレレカバー、
超シンプルだけどなかなかいい感じじゃないですか。
何か私でも弾けそうだし。


Built to spill

2012年06月06日 00:42

Keep It Like a SecretKeep It Like a Secret
(1999/02/18)
Built To Spill

商品詳細を見る


この人達の曲を聴いてると、どうしようもなく一緒に歌って踊りだしたくなるよ。
何というか肩肘張らずに音が流れて行くままに任せているふうなのに、一つ一つの音はクリアに主張していて、
そのグルーブに心を任せているのがすごく心地E。
最新アルバムはちょっと寂しげな雰囲気でしたが、"keep it like a secret”とか"There's nothing wrong with love"は最近のポカポカ陽気に良く合うので、気づいたらいつも聴いているのであった・・・。

そういえばこのブログを始めて、実質最初のエントリーがbuilt to spillのことだったっけ。
今はきっとその時の3倍くらいは好きだわー!






三島由紀夫と若者たち

2012年06月04日 00:46


最初のうちは、三島さん達のことを「取り憑かれてしまってるなあ」と遠くから眺めているかんじだったんですが、見ているうちに、次々と色んな想いが湧いてきて、心中穏やかでなくなってきた。

この人達は一見過激派に見えるけど、
実のところ、殆どの人は何かしらの価値観や信条に取り憑かれているのかもしれない。

現代なら、「普通」や「ひとなみ」という概念に執着している人が多いじゃないですか。
(というか私もその一人なんだけど)
それってもはやひとつのイデオロギーのような気がしてきて。

三島さん達は、自分の人生を自分達の手で仕立て完結させたわけだけど、
信条とするものが何なのかが問題ではなく、情熱を燃やしてどれだけ行動できるかということが
「生きる」ことなのか・・・と。そういう意味で自分どうなのか、と。

映画中の森田さん、すごい存在感でしたが、この人をここまで駆り立てるものは何だろうと思い、もしこの人がいなかったらもしかして三島由紀夫はああいう最期を迎えてなかったのかも、とも思えてきてしまった。


何かまとまりのない感想になってしまったな~~。
見終わった後もなかなか頭から離れない重量級の映画でした。

終った後,監督&俳優の舞台挨拶がありお話が聞けました。(上映後の舞台挨拶っていいね!)
しかもアラタと満島真之介君は楯の会の制服姿で登場。いや~アラタ、笑顔が素敵だったぁ。///



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。