--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き続きアリス2(写真メモ)

2010年05月31日 00:31

一年ぶりくらいにバイオリンにさわれた。
時間がなくてまともに弾くとこまでいかなかったけど、やっぱりまた始めたいなぁ・・・。

・・・よし。
来週は無理矢理時間作って弾こう頑張れ、私!


んで、相変わらずAlice in chainsフィーバー in 自分。
昔の画像をググってたら衝撃写真を見つけた。
コレ

http://www.gettyimages.com/detail/98733333/FilmMagic
(L→R ジェリー、レッチリのフリー、NIRVANAのクリス)
ヒィイイ!
フリーのこの堂々加減ステキだ。全く表情が読めないクリスもすごい。

http://www.gettyimages.com/detail/75399048/FilmMagic
上と同じ日。パールジャムの二人とジェリー。
なんか、ジェリー酔っぱらってるっぽい。

ジェリーの顔って、すごい好きだなー。
現在のオジチャンなジェリーもオツだが、20代のジェリーは特別に大好きだ!
http://www.gettyimages.com/detail/85238184/Redferns
なんかもう癒される・・・笑)

http://www.zloz.com/rock-and-roll-prints/pages/alice_in_chains.html
それにしても、最初のメンバーは4人ともイケメンだけど、
やっぱり中でもレインはダントツのオーラを放っている

http://www.gettyimages.com/detail/88094735/WireImage
このファッションに乾杯です
スポンサーサイト

引き続きアリス

2010年05月25日 23:23

またもやAlice in Chainsにとっ捕まってしまった。。。
朝の通勤から爆音でAICを聴く女。
全然爽やかな一日の始まりじゃない

が、聴いてるのが1stばっかりというのがまだ救いか・・・?
Faceliftの青くて未完成だけど疾走しまくってる感じがたまりません。
(この2年後にあの完全無欠の2ndを作るとは到底思えない)
特に後半の、

It ain't like that
Sunshine
Put you down
Confusion
I know somethin
Real thing

この6曲がもう大好きで。
軽くてノリノリなリズムやら、初期のGunsチックなベタベタなリフやら、、、
「キャラ違うだろ」な印象もあるけど、それすらも微笑ましい。。。
とにかく、メンバーが楽しんで元気に音楽やってる感じが良いです。
しかし、レインの声はこのアルバムが一番輝いているのではなかろうか。
コブシが効いてて、愛嬌があって、エネルギーに満ちあふれているねー。

I know somethinの出だしの「オエッ」とか、
Real thingの「sexual chocolate Baby~」とか笑う。

まぁ、It ain't like thatのイントロみたいに、
レインが「yeah!!」って言ってくれるだけで満足できちゃうんだが。


FaceliftFacelift
(1990/09/04)
Alice in Chains

商品詳細を見る


sam amidon

2010年05月20日 00:08

いやー・・・モナコGPはひどかったー
ヤルノっちの事故もガチョーンけど、それによって入ったセーフティーカーが、最後にまた変な事件を演出し…。

何か,やることなすこと「THEシューマッハー」で、ペナルティというオチまでシューマッハーらしいというか、
ある意味「あぁ、帰って来たんだな」と実感したよ


最近、聴く音楽がコロコロ変わっていて、ちょっと前までよく聴いてたのが、Sam Amidon。

<a href="http://samamidon.bandcamp.com/album/all-is-well">Sugar Baby by Sam Amidon</a>

まず、このジャケットがインパクトすごい。。。
バンジョーやフィドルを演奏していて、歌も20代とは思えないほど朴訥とした味わい。
けど、単なるトラディショナルな曲に感じさせないセンスがあり。
夜に酒ちびちび飲みながらまったりと聴きたい感じです。というか夜オンリーかも・・・

でもって朝の定番になっているのがガツンとPantera。
そしてPanteraの流れでまたAlice in chainsに捕まった…。

3人とも

2010年05月15日 18:44

http://sports.yahoo.co.jp/f1/photo?a=20100515-00000000-tpnp-moto.view-000

かーわーいーいー
この子達はヤルノっちの息子さんかのぅ。

気づいたら、今年まだ一度もちゃんとF1見てないや。よし、モナコは見よう。
シューがちょっとだけ浮上してきたみたいだし。ロータスは相変わらずだが。

が、明日も仕事だった・・・。

篠原ともえサン

2010年05月11日 00:17

ともえちゃんかわい~~

数日前にやってた「僕らの音楽」の録画を見てて、
篠原ともえチャンがかわいいなんのって。
かわいいというか、ヘアが大人っぽくて美人!

blogもファンで日参してるんですが、
万年低空飛行な自分が真逆のものに魅かれる故か、
あの独特なハイテンションな文章が、ほんと気持ち良いんですわ。
何より、いつでも好奇心のアンテナを張ってオープンマインドでいられる
ともえさんが素敵です

にしてもともえちゃん、本当に若いな~
(ちゃん付けしてるけど、年上だった)
前にブログで「お肌の曲がり角とか全然感じない」と言ってらしたけど、
うらやましいことこの上なし・・・
あの元気いっぱいでキラキラしてる感じがフレッシュさの秘訣なんだろかー。

気になったニュース

2010年05月03日 20:51

BacketheadのCDを海外に注文したら、なぜかウータンクランが届きました。
ウータンクランの、"Enter the Wo-tang”ってアルバムなんだが、
まさかEnter the chickenと間違えたのか・・・?
オーダーしたのEnter the chickenじゃないけど。

・最近気になったニュース

ハミルトンの新マネジャーはやはりハッキネン?
マジか?最近F1面白くないから、ぜひ。
それにしてもハッキネン現役時代と顔変わってない。スゲー!

BIG STARの中心人物として知られるUSのシンガー・ソングライター、ALEX CHILTONが心臓発作のため死去
というか、もう1ヶ月半以上経ってますが・・・。
すごくファンというわけではないのですが、自分の好きなミュージシャン達が影響を受けた音楽として
BIG STARを挙げる率が高いので、何となく登竜門的な感覚で聴いてました。
写真を見ると、まるでいたずらっ子みたいなお顔をされてますが、何故だか私、
彼の音楽を聴いていると小さい頃に無邪気に遊んでた思い出とか
触れるもの全てが新鮮だった頃の記憶が蘇ってきます。
かといって感傷的にはなるんではなく、ただ穏やかな気持ちで。
(つっても#1RECORD/RADIO CITYが一緒になったCD一枚しか持ってないんですが。)
そんなわけで、ここ最近お部屋のBGMです。合掌。

ルーファス・ウェインライトのライヴは拍手禁止?
一瞬グレン・グールドかと思った 笑)
映像と楽曲を一つの作品として、それを鑑賞して下さいってことなんですか。
あぁ、興味をそそられますね~。おもしろそう!
何かクラシックのコンサートみたいだけど、全然問題ない。
でも日本公演はないのかぁ
2008年の来日公演を、迷った挙げ句諦めたのが悔まれます。
…こういう、後で後悔パターン、多いよなぁ。
アンテナ張って、ちゃんと計画的に毎日生きたいもんです。
…いや、生きよう!今年こそ!


AIC来日のニュースはないかねー

I figured you out

2010年05月02日 00:02

ずっーっと風邪です。
喉の痛みと熱は下がったものの、
一週間以上も鼻詰まりが治らず、もしかしたらこれ風邪じゃないのかもと思えて来た。
花粉、黄砂?うひ~。


youtubeを見てて気になった動画。


普段、一般の方のカバーとかあまり見ないのだけど、この方、なかなかどうして素敵ですっ!!
声のトーンが曲にマッチしてるし、コメントにもあるけどjack Johnsonが歌ってるみたいな感じ・・・。
繋ぎのパートの「Shouldn't it be?」の後、ギターで間を置くとか、良いセンスや
これはぜひ、他の演奏も聴いてみたいと思ったのですが、
「ブライアンが演奏シマシタ」っていう超簡単な説明書きしかなく、ブライアンって誰だ?状態。

というわけで、ちょっと頑張って調べてみたら、どうやら彼はプロのミュージシャンのもよう。
そりゃー上手いはずですね。
The Hudsonsという3人組のフォークグループで活動しているようです。
Hudson Mueller&Brian Hudsonがギターとヴォーカル担当で、Leah Zegerという女性がヴァイオリン担当。
ローカルミュージシャンなのか、ホームページとか微妙に古かったり、リンク切れてたりと、
若干「大丈夫かぁ?」と思わせるところがありますが、
・・・なんと、iTunesにもありました!(しかも日本の)
実際メインvoはHusosn Muellerさんなのかな?あまりBrianサンの声らしき声は聴けず、
購入には至りませんでしたが。ちょっと気になるな~。


I FIGURED YOU OUTは、Eliiott Smithが "It sounds like the fucking eagles"とかゆって
手放した曲ですが、最後のほう(2003年)はよくライブで演奏されてたり。
個人的にはElliottの曲の中でもベスト5に入るなぁ。
何だか、こういう他愛もない一見陳腐な曲が実は一番美しいメロディをもってたりするんだよね。
この曲もだけど、Elliottの曲は、こう、曲の流れが変わるパートが何とも素晴らしいです。


Mary Lou Lordに提供。声かわゆし。



Elliott ver.


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。