--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンクーバー女子フィギア

2010年02月25日 01:05

今日(昨日)のお昼休みは、日本中でため息の嵐だったのではなかろうか!?

真央ちゃ~ん
目立ったミスなかったけど、慎重に行き過ぎたのかな?
とかなんとかエラそうなこと言いながら、未だにジャンプ種類の見分けつかない私です。
キムヨナすごかったな。。。超ノリノリだったし。
でも、今日のロシェットさんの演技を見てると、メダルの色とか順位とか、
どうでもよくなってくるなぁ。。。
アスリートって、最終的には精神力とか心の強さなのかもなぁ。
結果はどうあれ、完全燃焼できたら見てる人は心を打たれるね。

ところで、
スケートを見ていて、使われてる曲が好きだと、プログラム自体も釣られて好きになってしまったりします。
よく憶えてるのは、、、

・いつかの、ヤグディンSP bond"winter"
・いつかのスルツカヤのエキシビジョン "cotton eye joe"
・5年くらい前の、ジェフリーバトル君の、グレングールド特集みたいなやつ
・5年くらい前のカナダ人スケーターの、太鼓っぽい音楽

↑最後のほう適当すぎました。

今回のオリンピックでは、ジョニーウィアー君のSPの"I love you, I hate you"(だっけ?)が素敵だな~と思いました。今度ちゃんと調べてみようっと。


フィギアは断然クラシックの曲が多いですが、
誰かフランクのヴァイオリンソナタとか使わないかな。
けっこうスケートに合いそうなんだが。



4楽章の、このフッと湧いてきたような導入が奇跡的に美しい
きっと、天使が空から落っことしたメロディーが、
偶然作曲家の頭上に落ちちゃったんだろうな~
スポンサーサイト

止まらない

2010年02月23日 00:22

やばい・・・。
どうにも止まらない・・・。
アメリカの刑務所ドラマ「Oz」に絶賛ハマり中

んもうっ。
話が進むにつれてどんどん面白くなってくる!
一話一話の内容が濃ゆすぎ!

まだ日本で放映される前、面白いって噂を聞きつけ
アメリカ在住の方が書いたエピソードガイド的なものをずーっと読んでたんですよ。
それで実際には見てないのに、既に見た気になってたりして(笑)。
だから内容は最終シーズンまで一通り分かっちゃってるんだけど、
それでも実際見るとやっぱりめちゃめちゃ面白い!

ビーチャーの変貌ぶり(壊れっぷり)が最大の見ものですな。
そしてこれから見る回にとうとうケラーが出てくるよ。イェーイ♪

学生だったら完全に寝ずのぶっ続け&さぼりコースなんだが、、、。
今宵も断腸の思いで踏ん切りをつけるよ。

Elliott Smith

2010年02月21日 04:24

この人の歌を聴いていると時々胸が苦しくなってきます。
つっても、好きすぎて、、、ですが。(世話ないね)
何だかもう宝物のような存在なので、もっぱらひっそり愛聴してましたが、すこしだけ思いの丈を綴ってみます


elliott
Elliott Smith

1969年ポートランド出身。2003年死亡。
いつの間にかWikipediaがすごい詳しくなってる。
もうこの世にいない人だけど、彼の声、紡ぎだされるメロディ、ギターの全てが愛おしいです。

Heatmiser時代もいい曲を書いてますが、ソロで解き放たれたっていうか、自分の作った曲を本当にやりたいように表現したっていう感じがする。(ソロの2ndなんて、バンドじゃ許されないレベルのドップリ加減だしな)インタビューとかを読んでても、自分と自分の音楽に誠実な人だったんだろなぁってつくづく思う。悲しげなイメージはあるけど、周りの友達には愛されてたっぽいですね。

アルバムも全部好きなのですが、無数のライブ音源を聴き漁っていると、
彼の声とギター一本あればElliottの音楽は完全に成り立つんだなーって。
むしろそれだけしか要らないのかもしれない。

ライブが・・・・生で見たかった・・・




Elliottの中では数少ないhappyソング。



遺作"From the basement of the hill"からの渾身の重い一曲を。
スタジオバージョンより、アコースティックの方がいいです。



elliottの追悼ライブで、親交のあったBECKがカバーした"clementine"。
他に"Alameda"や"Ballad of Big Nothing"も歌ってて、
ちょっとウルッとするくらい良かった。BECK・・・見直したよ。。。

オリンピック

2010年02月17日 23:44

フィギアスケート男子おもしれ~!

女子もだけど、フィギア選手って何であんな美男美女揃いなんだろう。。。
筋肉のつき方がバランスがいいと、全体が美しく見えるんだろうなあ。
あ~、普段の姿勢って大切かも。あたしも猫背直そうっと。

例によってちょいミーハー視点で、
「相変わらずランビエールかっこいいや~」とノホホーンと見ていたら、
ジョニーウィアーの妖しい世界にガツンとヨロメキまくりです。(笑)
すげえな。。。
同じアメリカ勢で、ライザチェックがダンディで男性的な正当派としたら、
対極というか、、。フリーキーで扇情的な独特な世界で、
ちょっとドキドキするくらい色っぽかったですね。

そして・・・プル強し!!

日本勢もいい感じで、(小塚君のジミヘンがなかなか素敵でした!)明後日が楽しみですっ♪

Another day on earth / Brian Eno

2010年02月11日 01:35

2010年になってから、色んなメディアで著名人の「2000年代のベストアルバムトップ10」みたいな特集が組まれるじゃないですか?
ああいうの見るの結構好きで、単に趣味を超えてその人の10年の歴史が垣間みえておもしろい。
10年って長くもあるし短くもあるし実に絶妙な期間で、その中からのチョイスってとこがミソ。


で、私が最初に思い浮かんだ一枚↓

Another Day On EarthAnother Day On Earth
(2005/07/09)
ブライアン・イーノ

商品詳細を見る


イーノのボーカルもののアルバムは総じて好きだぁー!

夜、星を眺めながらビール片手にコレ聴いていると、魂抜けて宇宙に飛んでってしまうような・・・、
そんな危険な錯覚を起こさせる最高の1枚☆
気づいたら両手を広げて宇宙空間を泳いでる自分がいます。。。やばい人だね。

宇宙といえばApolloのサントラもあるけど、あれはどちらかというと気持ち良く寝てしまうのだった。

There's nothig wrong with love/ Built To Spill

2010年02月08日 02:56

勢いづいて早速書いてみる。(今何時デスカ・・・)

好きな音楽

There's Nothing Wrong with LoveThere's Nothing Wrong with Love
(1994/09/13)
Built to Spill

商品詳細を見る


今ちょうど聴いていたため、選出。安易。
クセのない歌声と軽やかなギターが奏でるシンプルだけど良質なロックで
部屋でBGM的に流す事が多いんだけど、何だか和む。。。
もともと私はElliott Smith好きで、彼がライブでカバーしてる音源を耳にして興味を持った。
そのカバーしていた曲というのが、4曲目の「Car」
この曲かけながらどっか遠くへドライブしたくなる。
そのためにも、今年こそペーパードライバーから脱却しなくてはならない。

初回 

2010年02月08日 02:12

その時々に関心を寄せてた事物を綴っていこうと思います。
自分の好きな物の歴史はたまた防備録みたいな感じで。。。

メインは音楽
・ざっくりロック全般

F1
・今年はシューマッハーの復活の様子を見守る

この辺を主に記録予定。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。