--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TWD

2014年05月04日 23:39

The Walking Dead、season4見終わった。。。
14話は非常に後味悪かったけど、15話と16話がすごく面白かった。

色々ツッコミを入れながら見ているのだが、
逆光を浴びて登場する一団に笑いが止まらず。
どんなスーパーヒーローだよ!!(しかし同時に感動の涙が頬を伝う)

あと、これまで主人公のわりにリックにそんなに注目してなかったのだが
season4後半はもうリックに釘付け。
ちょっと弱ったところを見せたり息子に振り回されたりして
「・・・大丈夫かぁ?」と視聴者を心配させつつ、
覚醒したリックはやはり凄かった。

極めつけは最終話16話の最後のキメ台詞。

うーん、season5が気になるよ〜〜〜
スポンサーサイト

SMASH

2014年01月13日 18:50

SMASH DVD-BOXSMASH DVD-BOX
(2013/04/05)
キャサリン・マクフィー、メーガン・ヒルティ 他

商品詳細を見る


おもしろ!
数日間でシーズン1をHuluで一気見、サントラを聴きまくる毎日。
ブロードウェイを目指す俳優&舞台関係者達が織りなすドラマで
毎回歌とダンスがてんこ盛り。
ドラマの中のマリリンモンローのミュージカル、
「bombshell」のサントラCDをも購入しようかと迷っている、、、
ダウンロードだったら迷わずポチってるんだけどな。CDだとちょっと迷う。
シーズン2もDlifeで放映中♪

ところで、ドラマ5話の中で
復縁を迫る男性が女性に「A song for you」を歌い、
それまで必死に拒んできた(不倫なので)女性がついにオトされてしまう、、、というエピソードがあり、
その恥ずかしすぎるシチュエーションに「なんじゃそりゃー!!」と赤面して見てたのですが、
いやしかし・・・・やっぱときめかずにいらいでか。
マイコー(役名)、罪な男よ。
人の心を狂わしてしまう歌の力ってすごいね。
歌のうまい人(あるいは楽器が出来る人)って得だね・・・




ついでに自分の中でA song for you的な曲はコレ。胸アツ。
ラビット/Thank you my girl

ドラマ漬けだが

2013年09月30日 23:25

今日ちょっと時間が空いたので、映画でも見ようかな〜と思ったらあまり心が惹かれる映画がなく。
実際見てみたらおもしろいんだけど、上映前から「これ絶対見たいっ」というワクワク待つ映画がめっきり少ないよ。
というか、私はどっちかというと洋画が好きなんだけど、
上映する洋画自体が少なくなってきたような・・・寂しい。

だが考えてみれば、既に自分の中の比重も、洋画<<<海外ドラマなのであった。

映画と対照的に、海外ドラマは次から次へ面白いのが止めどなく出て来ており、
ちょっと前のブログで「まだ微妙なかんじ」といってたHOMELANDとゲームオブスローンズも
その後見事にハマったし、他にも早くDVD(又は見られる環境)になってほしいと待ちこがれてるドラマがうじゃうじゃあります。

正直なところ、私は大画面で見ること以外にあまり映画の魅力を感じなくなってきているかもしれない。。。
昨今は俳優も映画にもテレビにも垣根なく出てるかんじだし。
この前World warZを見ててさすがに大画面の迫力はスゴく感じたものの、
キャラの描写とか、ゾンビとの戦いとかもっとじっくり見たくて「ドラマだったらな〜」と思ってしまった自分がいたよ。

しかし。

そんな状況でもこの映画だけは外せない!!

日本ではいつ公開なんだろ〜。

Huluはもっと歴史ドラマを増やして欲しいな〜

2013年05月03日 00:30

うわあああ!
今Huluを見たらRomeが追加されてる〜!
このドラマは超超超絶おもしろいので、周りにも勧めていたけど、
あまり見てる人いなくて(笑)、、、だけどこれで
もっと見る人が増えるとよいなあ。

そしてウォーキングデッド14話。
ある意味、総督ウォーカー以上に怖い。
ここ数話、ちょっとトーンダウンしてて
ドラマとして行き詰まっている感がありましたが、
久しぶりに背筋が凍りました。

TWD10話

2013年04月02日 20:01

The Walking Dead、10話。
最後の10分、またも叫び続ける。
やっぱり私、こうじっくり心理描写的なものより、
ドンパチならぬ肉弾戦に血が騒ぐみたいです。
それにしても、最近ダリルがどんどんかっこ良くなっているんですが・・・!!

というか、ダリルってもしかして一番人気なのかな?
私はシーズン2までシェーン贔屓(←マイノリティ)だったので、
特にダリルに注目してなかったんですが、
登場人物が減ってくなかの貴重な戦力ということもあるし、
今シーズンのキャロルとの関係や赤ちゃんをあやす姿に若干胸キュン。

ダリル役のノーマン・リーダスって、若い頃はかなりキュートだったではないですか。
(処刑人とか、プラダのモデルをやってた頃です)
当時を知ってるからこそ最初は「ノーマンも年を取ったよねえ〜」なんてしみじみ茶をすすってる感覚で
見ていたんですが、ところがどっこい、今もめちゃくちゃかっこ良かったっていう。

ということで、今シーズンはやっぱダリルとミショーンが好きだなあ。
ミショーンはぜひともアンドレアを奪還してもらいたい。

ゲーム・オブ・スローンズ、 RufusとChet

2013年02月24日 14:47

スターチャンネル無料時に録画した、ゲーム・オブ・スローンズの1〜2話を見ました。
1話を見た時点ではそうでもなかったんですが、2話が終った時点でちょっと面白くなってきた。
今のところロードオブザリングっぽい印象で、まだちょっと向う方向が分かってないんですが、
これから色々起きて来るんだろうと思います。続き見たい!(DVD早く出ないかな〜)
いくつになってもショーン・ビーンはかっこいいです。
あと我ながら凄いと思ったのが、王様の顔を見た瞬間に、
「この人、フルモンティでロバートカーライルの友達役だった人じゃないか・・・?」
と気づいたことです。(笑)


まだまだ寒いけど、花粉と共に春の訪れを感じる今日この頃。
3月にRufus Wainwrightが来日するんですが・・・・惜しいっっ!!
もう少し先の日程だったら行けたのになー。





前からRufusの歌声って何となくChet Bakerを彷彿させるなあって思っていたんですが、
RufusがMy fynny Valentineを歌っている動画を見つけ、やっぱり似てるかも…と思いました。
声質は明らかに違うんだけど、この声の濃密さ加減から生まれるのっぺりとした艶やかさっていうんですかね、
そこが2人に共通していて何とも妖しく色っぽいです。



4話 命の決断

2012年11月24日 15:08

walking deadが壮絶すぎて、夜中だというのに叫ばずにはいられませんでした・・・。
とにかく凄ぇ。
このドラマで安全が保証されたキャラって本当いないんだなー。。。

3シーズンにきて、このテンションで視聴者を引っぱれるドラマってなかなかないと思います。
いやー、もう、3シーズンは本当に力が入ってる!
倫理観とかタブーとかを越えている。
キャロルのあの練習シーンとか「これはさすがに気持ち悪い」と思って、
これを放送していいのかとか倫理的にどうなんだろうって最初思ったんだけどネ、
よくよく考えてみたら、ある意味人間ってこれまでそうやって「進歩」してきたわけで・・・。
略奪行為の上になりたっているあの自治体の平和もそうだけど、
人類の歴史の中であまり正面から見たくない側面を少し角度を変えて
見せつけられているような気さえしてくる。(というと大げさかな〜)

そしてこのドラマの女性キャラ皆かっこいいです。
4話でマギーに惚れたよ。

http://www2.hulu.jp/the-walking-dead


ウォーカーってたまに走るよね

2012年03月14日 15:24

Huluに入ってから、Walking deadを見続け連夜夜更かし。
第2シーズンの7話は驚愕のラストに、マジで言葉を失った。。。

面白いのは変わりないのですが、何か観てて後味悪いというか。。。
第1シーズンの時のような、観てて「こわーっ!」ってワイワイ盛り上がれるような単純な面白さが、
だんだん無くなってきたような気もする。
登場人物の人間関係の問題とかがフォーカスされるのはいいんだけど、
第2シーズンはそればかりで正直「・・・めんどくさ」と思えて来る場面も多かった。
(それよりも、なぜゾンビが誕生したのか!? 特効薬はないのか!? 国はどこかで機能してるかのか!?
と矢継ぎ早に次の展開を期待してしまう私)

というかですね、何よりも

お気に入りキャラだったシェーンがどんどんヤバい方向にいってしまって、
非常に切ないです

原作コミックでは割と早めに死んでしまうらしいのですがね、
ドラマの中では、もはやリックの正義感と責任感を際立たせるために生かされているようにしか見えない・・・。

1話の最初のほうでは普通にいいアンちゃんだったのにぃ~っ


自分はどのキャラ?っていうテスト。私はローリでした。
the walking dead: which character are you? (personality test)

しみじみ

2012年02月18日 22:48

Romeを見終えた。う~ん、面白かった。
あれですね、全て終って、盛者必衰というか、本当に変わらないものってないよねって思った。
富があろうが、貴族だろうが、ちょっとした風向きで明日には破滅させられたり、
奴隷の身に貶められるかもしれない恐怖があった時代。それゆえに、生きる事に必死だった人達。
自分の人生にとって一番大切なものが今より明確だったのかもしれない。
うまくいかないと周りの環境のせいにしがちな現代ですが、
元来うまくいかなくて当たり前なのかもしれないし、
生きる事にこんな自由で選択肢の多い現代日本に生まれて、
自分の人生の手綱を自分で持たなきゃもったいないですね。
Let your soul be your pilotですよ!(←Stingの歌より)
古代の話だけど、今生きている時代と自分にリンクして考えることができた良いドラマでした。

そんなわけで、早速新しい海外ドラマに手を出しました。

The Walking Dead

しょっぱなから4話くらいぶっ続けて見てしまった・・・
これ面白い!!

Brutus、、、

2012年02月16日 00:45

封印していたRomeの続きを見ました。
17話偽りの和解、18話フィリッピの戦い、19話セルウィリアの呪い。

うぅ、、、

ブルートゥス死んでしまった・・・。

今ちょっとブログの下書きで、フィリッピの戦いの感想をタラタラと書いていたら
30行以上ビッシリの長々しい文章になってしまい、我ながらちょっと焦りました。アハ

ドラマだから大いに脚色はあるんですが、キケロとブルートゥス陣営の死は、
制作者側もだいぶ登場人物の心理に踏み込んだ形で作ってましたよね。

いやもう、アウグスティヌスとアントニウス、マジで憎し。(笑)

このドラマの中ではブルートゥスはカッシウスが死んだ後すぐに敵にメッタ刺しにされるんですが、
甲冑を脱いで敵の前に進んで行った時、間違いなく自害するんだと思っていました。
でもそうではなく敵陣営の中に入って行ったでしょう。
ある意味「決意の自害」なんでしょうが、立派に自害するよりも、
不格好でも前に進んで行ったその死に様が印象的でした。
弱い自分と決別することが、死だったとしても。
(指揮官としてはダメですが)

偶然にも戦いの日がカッシウスの誕生日ってことで「ケーキはないけど誕生日おめでとう」
「来年のケーキはシナモン抜きで」とか、あのくだりの会話いいですね・・・。
政治とは関係ない、普通の会話が今まであまり出てこなかっただけになー。

menziesasbrutus
Tobias Menzies as Brutus

ブルートゥスって、作り手によっては高潔な人物だったり、はたまた裏切り者だったり、
優柔不断だったり解釈が違うようなので、他の作品も見てみたくなりました。
まずはシェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」を読んでみよう…っと。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。